うえむら建築相談所

ナビを開閉

ホームインスペクション

ホームインスペクション
に関する
Topics

使用する標準機材

目視では確認が難しい箇所の建物診断には道具を使用します。

指摘箇所について、数値的な根拠を示すために標準機材を使用します。

売主側に、感覚や印象ではなく、具体的な数値を明示したうえで交渉に臨むことが重要です。

オートレーザー

水平精度・垂直精度を素早く計測。縦横方向にのびる赤いレーザー光を基準に施工精度をはかります。
縦軸の光を基準にすることで壁の倒れや膨らみ歪みを確認します。また横軸の光を基準に床までの距離、天井までの距離を測ることにより床・天井の傾きを正確に把握することが可能です。

fcd79782b28b18606f62921c41a9c74f

 

木材含水率計

床下詳細、屋根裏詳細をご依頼を頂いた時のみ使用いたします。
この木材含水率計は木材の中の水分量の目安が分かります。
含水率が高いと木材の腐朽やシロアリのリスクが高くなります。
使われている木材が適切な乾燥状態かどうかをこの機材で計測いたします。

664479c92f1685109ddb1cc11fc6b245-300x300

 

打診棒

タイルの浮きやモルタル外壁の剥離などを、叩いた時の音で診断します。

53dc821767b31ec2c4266edf7b7e0f1c

 

水平器 3aab150cbb49c82827297d539be7d0b0-300x265

 

クラックスケール 892a0978950181a5ea035752e8e11ade-300x300

 

脚立 e13a2958b50f20fc6c17cef77d42efea-300x225

 

懐中電灯 e01f2a610b6a725d5af3cce51ddd8572-300x300

 

 

スケール 3a061993019a67151b5ed3dc3fa3b117-1024x819